「寝入りの華」 first stage of sleep

宇宙、動植物のメッセージに耳を傾けながら自然栽培で百姓をしています。 実体験、降りてきた事などを公開出来る範囲で書いていきたいと思います。

一人一人が審神者。

味噌もクソも一緒のスピリチュアル業界。

ケンカを売るつもりはありませんが、事実のみしかいいません。
耳の痛いことを言おうと思いますが、少々お付き合い下さい。


昨今、雨後の竹の子のように、スピリチュアルヒーラー、スピリチュアルなんとかと名乗る人がいらっしゃいます。

全ての人を否定するつもりはないことをあらかじめ申し上げておきます。

私の見た限りにおいてですが、なんとか協会公認、なんとかセミナーで教科書をもらい勉強している方達が、商売としてスピリチュアルカウンセラーなどをしていらっしゃいます。

某有名な先生は、○○業会のavexを目指すとハッキリとHPに書いておられました。
何故そんな低いところを目指すのか全く理解に苦しみます。

本当にそういう人におまかせして良いのでしょうか?


私のことを申し上げると、幼少の頃からこの力はありました。

今誰かが家に来ても、顔を見た瞬間に何処が痛いところか?何を考えているか?などすぐにわかります。


分かっても、頼まれない限りお節介は焼きません。

電話やメールなどでも同じことです。時間も距離も関係ありません。


同じような人達の特徴として、先祖から代々能力も遺伝してる方が多い気がします。

もしくは幼少期から既に能力の発現があることがほとんどのようです。


家も先祖から能力者がおりました。

私が引き継ぎ、そして私の子どももその能力を持って生まれました。

こういう人達にとっては日常がスピリチュアルなんです。

お仕事ではないんです。当たり前の毎日ですから。

上手く説明しにくいことですが、自然に分かってしまうことなので、ヒーリングやカウンセリングを頼まれればしますが、仕事という立場を超えているのです。


十年程、カウンセリングはしてきました。

誰しも生まれ持ったお役目がそれぞれにあるかと思います。

そのお役目の一つに過ぎないのです。


そこで皆さんに申し上げたいのは、誰かに相談に行く前に、良く審神者して下さい。

本当は皆さんの中に答えはありませんか?

まずは自分を信じてみましょう。

それでも相談したいことがあって、間違いの無い人に聞いてみるのは最後の手段です。